So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

POZNAN会議の状況 2 [地球温暖化問題の国際交渉]


ポーランドのPoznanで開催されていた COP 14 (& COP/MOP 4) が,二週間の会期を経て終わりました.ボランタリーなカーボンオフセットとはすこし異なる視点となりますが,ここでそれを少し振り返ってみましょう.

来年のコペンハーゲン会議で,新しい方向性がいろいろ決まってきます.日本ではメディアなどで「ポスト京都」という言葉で表現されるときがありますが,これはミスリーディングです.とくに,発展途上国の数値目標が入った新しい国際協定ができるようなことは,予定されていません.

国際交渉は,2013年以降の先進国の数値目標を決めるトラックと,発展途上国を含めた対策強化のトラックの2つが並行して動いてきています.

日本にとって直接効いてくるのは,あきらかに前者です.また,数値目標自身は,来年の6月6日までに,そのテキストに合意する必要があるのです!そのことをきちんと理解している日本人は何人いるのでしょうか?井の中の蛙では困ります.

先進国の数値目標は,まず先進国の排出総枠に合意し(来年3月の交渉会議),6月には各国の目標に合意する予定となっています.よく考えるとわかりますが,「総枠」は環境問題,「各国目標」は公平性/負荷分担 の話となっています.これをちゃんと分離することがいいですね!

発展途上国関係は,Bali Action Plan として,Long-Term Cooperative Action を,どうしていくか?という話です.GHG排出削減を表す mitigation だけでなく,adaptation,技術移転,ファイナンス が,同列に扱われています.それから,Shared Goal ですね.たとえば 2050年半減 というのはこれに当たります.いままで,発展途上国関係は なかなか動いてこなかったのですが,すこしずつ動いてきています.

Unite.jpg

歴史的には,気候変動枠組条約(1992年),京都議定書(1997年),ボン合意/マラケシュアコード(2001年) と,きわめてタフな交渉がありましたが,それらはきちんと実りをあげてきました.わたしは何度も感動的な場に立ち会ったものです.いろいろあっても,結局は「進めていかなければならない」という気持ちは共有されていると思います.今回も,そうなってもらいたいものですね.

松尾 直樹

P.S. なお,セミプロ以上の人に向けて会議の参加報告+分析を,Climate Experts のWeb に載せておきます.ご興味のある方はご覧ください(緑色がわたしのコメントです).ダウンロードした方は,よろしかったら わたし までご連絡いただけると幸いです.

 


nice!(0)  トラックバック(0) 

POZNAN会議の状況 1 [地球温暖化問題の国際交渉]

 

ごぶさたしていてすみません.前回の重慶のバイオガス・マイクロダイジェスターのプロジェクトは,無事に農業委員会とMOUを結んで,いま,CDM化のためのドキュメントがほぼできあがったところです.

さて,わたしは,今週から二週間の会期で開催されている COP 14 (& COP/MOP 4) に参加しています.来年のコペンハーゲン会議で大きなことが決まることになっているのですが,どこまで課題をつぶしておけるか?が今回のポイントでしょう.

わたしは,この手の国際交渉は,INC 10 という COP 1 (Berlin, 2005) の準備会合から参加してきており,日本では最古参の一人となっています.今回,PEARメンバーは,3人参加しています.PEARの特徴は,各種温暖化の専門家が集まっているというところで,また機会があったら紹介しますが,IPCC の ノーベル平和賞を記念した感謝状も3人がもらっています.

さて,2013年以降の先進国の数値目標や,途上国を含んだ新しい取り組みなど,国際交渉の話題も,機会がありましたら分析を交えながらお知らせいたしますが,われわれのかかわっているCDMに関して少し.

DOEの資格suspensionなどがビジネスの世界では大きな話題ですが,もうすこし環境の側面から,プログラムCDM (PoA) への期待がますます高まっているのを感じました.われわれの重慶でのバイオガス・マイクロダイジェスターも,プログラムCDMという新しいアプローチを活用するものです.新しいが故に,制度的にまだ不透明なところが残っており,そのあたりが関係者の大きな関心でした.

ただ,複数の方法論の適用に関する点など,課題はかなり整理・認識されており,次回の2月のCDM理事会において,そのあたりはクリアになりそうな様子です.

われわれのプロジェクトに関しても,いろんな人の関心を集めていました.プログラムCDMは,まだパイロット的なものしか動こうとしていないのですが,きちんと民間セクターの事業として動いてくる好例になると思っています.

会議の模様は,

http://unfccc.int/meetings/cop_14/items/4481.php

http://www.iisd.ca/climate/cop14/

あたりに出ていますので,ご関心のあるかたはご覧ください.

なお,下の写真は,環境NGOの発表する Fossil of the Day という不名誉な賞ですが,なんと昨日は日本がワンツーフィニッシュでした.いやはや...

photo.jpeg

松尾 直樹

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
タグ_クリーム_small.png

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。